管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

原子力規制委員会人事に重大な問題

 新たに設置される原子力規制委員会は、国家行政組織法第3条に基づいて設置されるいわゆる三条委員会。国会の同意を得て総理大臣が任命、天皇が認証することになっている。一度その任に就くと総理大臣にも罷免権はない(委員長は5年任期、4人の委員のうち2名は3年、残り2名は2年)。環境省の外局として置かれる原子力規制庁はその事務局になる。規制委員会では、

 ・ 原子力安全規制、核セキュリティ、核不拡散の保障措置、放射線モニタリング、放射性同位元素等の規制を一元化
 ・ (独)原子力安全基盤機構(JNES)を所管(必要となる法制上の措置を速やかに講じて、JNESを原子力規制庁に統合)
 ・ (独)日本原子力研究開発機構(JAEA)及び(独)放射線医学総合研究所の業務の一部を共管

 などを所管し、委員会の下には原子炉安全専門審議会、核燃料安全専門審査会(常設)が置かれ、放射線審議会も置かれる。このように原子力の規制にや安全について強大な権限を持ち、原発の再稼動についての判断はもちろん、放射線の安全基準づくりなどにもきわめて大きな影響力を持つ。また原子力防災会議の副議長(議長は総理大臣)、原子力災害対策副本部長(本部長は総理大臣)も兼任することになる。

 今回の事故でいえば、いまだに原子力緊急事態宣言は解除されていないが、この解除後の事故対策も担うことになる。避難区域の線引きや補償や帰還問題についても大きな影響力を持つことになろう。

 原子力規制委員として国会に提示された案のうち、委員長候補の田中俊一氏は、東北大学卒業後日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構、JAEA)に入所、JAEA副理事長、同特別顧問、原子力委員会委員長代理、などを歴任。原子力委員会就任にあたっては「21世紀社会の様々な課題と不確実性に柔軟に対応し、人類社会と地球環境が希求する技術を生み出す創意に満ちた原子力科学の研究開発活動が行われる政策を企画し、推進します」とコメントするなど、原子力推進の旗振り役だった人物。

 福島第一原発事故後、これまでの原子力推進政策を反省したと言われているが、実際の言動は疑わしい。避難準備中だった飯舘村にいち早く入り、高線量地区の長泥区長宅に押しかけて除染させてくれと依頼。この時元原子力委員長代理などの身分ではなく、NPO放射線安全フォーラム(これも原子力ムラの住民たちの立ち上げた団体)副理事長の名刺を出した。除染を行ったものの効果はさほどなく、除染土の処理に「これだけ広いんだから谷一つくらい埋めればいい」と述べた。区長が除染土の処理をどうするかきいたら「東電に処分してもらえ」と答え、除染土は未だにブルーシートがかけられて区長宅の裏庭に放置されたまま。その後何のフォローもしていない。無責任きわまりない。彼がほしかったのは除線の実績とデータだったのだろう。その時飯舘村は長く高線量のところに放置されたあげく、ようやく計画的避難区域に指定されたところだった。できれば故郷を離れたくないという、わらをもつかむ住民の気持ちを利用しただけで踏みにじったのである。

 本人はその後県内各地で除染を手掛け、JAEAの除染利権獲得に成功、自身は福島県の除染アドバイザーに就任した。飯舘村でも除染アドバイザーやリスクコミュニケーション推進委員に就任、飯舘村の非現実的な「除染して帰還」という復興計画の流れに影響を与えた。また事故後に委員に就任した原子力損害賠償紛争審査会では、自主避難者に対して賠償を出すべきでないと最後まで主張した。

 言わば被曝を心配する住民の避難の権利を認めず、除染ムラという新たな利権集団を築き、「除染して帰還する」という流れを築いた人物と言える。田中氏が心配していたのは、「このままでは原子力が推進できなくなる」ということであり、避難の権利を認めないのは賠償金がふくらむのを防ぐため、除染は数年で戻れる状況をつくるため(戻らない人には賠償はしない)で、反省どころか、彼が事故後やってきたことは原子力の延命にすぎない。原子力開発を規制する組織の長として、全くふさわしくない。

 また、原子力研究開発機構の更田豊志氏、日本アイソトープ協会の中村佳代子氏も規制対象事業者であり、またその人脈も原子力ムラにつながるもので全く不適格。

 担当細野原子力担当相は、国会で「原子力ムラそのものは、一度徹底的になき者にする」と述べながら、出してきた人事案は原子力ムラの復活そのものだ。繰り返すが、いったん国会が同意してしまえば、総理大臣にもやめさせることができない。総理官邸前デモも無力化させてしまう超強力人事なのだ。そして総理大臣が替わろうと、政権が変わろうと、委員長は最低5年間はその任に居続けるのである。
[PR]

by greenerworld | 2012-07-27 21:21 | 3.11後の世界  

除染予算だけが粛々と消化される

 7月8日~11日と飯舘村に滞在した。村内でも高線量の小宮地区や長泥地区では農地のモデル除染が続いていた。小宮地区の除染工法は以前よりは効率的に行われているように見えたが、それでも炎天下、防護服を着ての作業は見ているだけで気の毒になる。聞けば熱中症で倒れた作業員もいると聞くが、それもむべなるかな。一人の作業員は宮崎からやってきたといい、伊達市にある旅館から毎日通っているという。元請はゼネコンだが実際の現場作業は、下請の企業が雇った作業員によって行われている。
f0030644_20563961.jpg

 除染された土は黒いフレコンバッグに詰め込まれる。黒い袋はインド製と中国製だった。袋には(たぶん)除染された場所の空間線量率が記されていて、4.0とか7.0と読める。
f0030644_20571041.jpg

 ところがこの除染土の行き先がない。国は除染する方針は出しているものの、最終処分場はおろか中間処分場する決まっていない。各自治体に仮置き場を設けることになっているがこの建設が進まない。その中でモデル除染事業だけは粛々と進められるため、どこかに置かなければならない。飯舘村の場合は、一般廃棄物処分場であるクリアセンターに持ち込まれている。“仮仮置き場”である。クリアセンターに行ってみると大手ゼネコンの差配で運ばれたフレコンバッグをクレーンで何段にも積み上げる作業が進んでいた。
f0030644_2059563.jpg

 豪雨があれば崩れて流れ出すのではないか、この暑さで中の有機物が発酵し発熱したり、メタンが発生したりするのではないかと心配になる。そもそも一般廃棄物処分場は、放射性廃棄物を保管する場所ではないはずだが……。

 除染は表土5cmでよいとされるが、水田ではそうはいかない。この1年3か月の間に伸びた雑草の根も深く食い込んでいる。10cm以上はぎ取らねばなるまい。それでも空間線量(地上1m)は除染した水田の上で、除染されていないところで。確かに下がってはいるのだが、まだ放射線管理区域の基準よりずっと高い。

 だいいちこの先除染が進めばこの何万倍もの除染土が発生する。この膨大な量の除染土を置く場所があるのだろうか?

 先のことは何も決まらないまま予算がついた除染事業だけが進んでいく。除染作業員は全国から集まってきている。炎天下で防護服を着てマスクをして肉体労働をする過酷な作業だ。後先を考えない行き当たりばったり、泥縄の対応が、原子力発電そのものとかぶって見える。
[PR]

by greenerworld | 2012-07-27 21:00 | 3.11後の世界