管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

人はパラサイトに操られているのか?

f0030644_13224232.jpg 生き物好きの少年少女時代を送った方なら、ハリガネムシのことはご存知でしょう。秋に、カマキリのお腹の中から出てくる細長い生き物です。ハリガネムシは秋から冬にかけて水中で交尾し、卵を産みます。その後かえった幼生は、水生昆虫の幼虫の体内に潜みます。やがて羽化して陸上に飛び立った水生昆虫の成虫が、カマキリやバッタなどに食べられると、その体内で栄養をかすめ取りながら成長し、最後にはホスト(宿主)の行動をコントロールして、水辺に向かわせるパラサイト(寄生生物)です。ハリガネムシ以外にも、ホストを操るパラサイトは数多くいます。

 そんなパラサイトの世界を紹介した新刊が『ゾンビ・パラサイト──ホストを操る寄生生物たち』(岩波科学ライブラリー)です。ちょと不気味で不思議なパラサイトの世界をお楽しみください。私たち人間もどうやら、パラサイトによる行動操作と無関係ではなさそうなのです。

 <目次>
 はじめに
 第1章 ゾンビアリは真昼に死ぬ――菌類と動物の攻防
物語の中の寄生キノコ/中世の麦角中毒/冬虫夏草=昆虫寄生菌/ゾンビアリの最期の一噛み/菌・植物・昆虫の共進化/菌類とアルツハイマー病
 第2章 カマドウマの入水自殺・カワムツの奇行――パラサイトがつなぐ生態系
ハラビロカマキリの行列/ナゾの多いハリガネムシ/河川生態系機能を改変/ハリガネムシがホストを操るしくみ/カワムツの行動を変える吸虫/脳内神経伝達作用の攪乱
 第3章 体の中の“エイリアン”――ホストをゾンビ化する捕食寄生者
ミツバチはなぜ消えるのか/セイヨウミツバチのパラサイト/ミツバチに新たな脅威――ゾンビ蠅/ホストを食い尽くす「捕食寄生」/ホストと捕食寄生者をめぐる複雑な関係/ウイルスによるホスト免疫系の乗っ取り/ゾンビ化したホストをボディーガードに/クモをゾンビ化するクモヒメバチ
 第4章 人はパラサイトに操られるのか――原生生物トキソプラズマとネコと人類
農耕の始まりとネコの拡散/人類の3割が感染するパラサイト/ネコを恐れないネズミ/トキソプラズマと精神疾患/原因はドーパミンか?/トキソプラズマの3系統とその広がり
 あとがき

ゾンビ・パラサイト──ホストを操る寄生生物たち 岩波科学ライブラリー 1200円+税

[PR]

by greenerworld | 2016-12-10 13:35 | 生物多様性  

もんじゅの亡霊が日本を滅ぼす

 およそ1兆円もの国費を費やし、いまなお再稼働の見込みのないまま年間200億円という維持費が注ぎ込まれ続ける、高速増殖実験炉「もんじゅ」。ようやく政府は今月(2016年12月)中に廃炉を正式決定するという。

<内容>

■致命的な事故を起こしたもんじゅ。廃炉で核燃サイクル政策も転換と思いきや

■核燃サイクル政策を廃止すると既存原発も動かせなくなる

■官僚は決して失敗したとはいわない。このままでは泥沼に

■もんじゅの廃炉自体がまだ技術的めど立たず

f0030644_17255406.jpg
「もんじゅ」の全景(出典;Wikimedia Commons, source;Nife's photo)

もんじゅは廃炉にするが高速炉の開発は続けると経産省

 国内の原発(軽水炉)の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出すのは、高速増殖炉で反応させて、また新たなプルトニウム燃料をつくり出すという「夢の核燃料サイクル」のため。もんじゅはその開発のためのフェイズ2にあたる実験炉。このあとに、実証炉があり、次に実用炉(商用炉)がようやく実現する。

 高速増殖炉はいまから60年も前の1956年に、原子力委員会がまとめた計画に基本構想として記載された。61年の「長期計画」では70年代後半に実用化の目標が置かれた。しかし、一向に実現する気配もなく、実用化は80年代後半、90年代、2010年ごろ、2050年と、ずるずる先送りされてきた。

 原型炉である常陽(茨城県大洗市)は71年に着工して77年に初臨界を迎えている。常陽で得られたデータに基づいて建設されたもんじゅは83年着工、94年に臨界に達した。ところが95年暮れに出力を43%に上げたところで、冷却材である溶融ナトリウムの噴出・炎上事故を起こしてしまった。以後一度もまともに運転できないまま、巨額のコストを垂れ流し続けている。

 ナトリウム漏れ事故はこのシステムの根幹に関わる致命的な事故だ。もんじゅが廃炉になれば、当然高速増殖炉を核とする核燃料サイクルは一から見直し、いや廃止になるものだと思っていたが、国(経済産業省)はそうは考えないらしい。

 報道によれば、もんじゅは廃炉にしても高速炉開発は続け、今後10年程度、実証炉の開発作業を進め基本設計を固めるという。

実験炉を飛び越えて実証炉をつくる?

 驚いたのは、次の炉が実証炉だということだ。実験炉のもんじゅはまともに運転データも取れていない。そのもんじゅを飛び越していきなり実証炉の建設に進むのだというのだ。必要なデータは、フランス政府の実証炉ASTRID(アストリッド)との共同研究と、常陽を活用するとしている。そのアストリッドは今まだ影も形もない。計画では2025年に運転開始予定なのだ。普通物事は、失敗したら、失敗したところからやり直すものである。今回であればもんじゅのどこがどう間違っていたのか、その検証を踏まえて、実験炉を作り直すというならまだわかる。それが、もんじゅより前の原型炉・常陽と、9年後にできる予定のフランスの実証炉でデータを集めて、実験炉を飛び越えて実証炉をつくるというんだから、なんだかもう無茶苦茶な話である。

 要するに、国はもんじゅを失敗した実験炉だとは位置づけていない、ということなのだろう。運営主体たる動燃やその後継の日本原子力研究開発機構の組織に問題があっただけで、もんじゅは悪くない、というわけだ。官僚機構につきまとう無謬論である。官僚自身がつくり上げた責任回避の論理だ。

使用済み核燃料で行き詰まる原子力発電

 もし核燃サイクルを放棄すると、使用済み核燃料も行き場を失う。青森県六ヶ所村に建設中の使用済み核燃料の再処理工場は、やはり何度も稼働が先送りされ続けている。その敷地内には各原発から運び込まれた使用済み燃料を保管するプールがあってすでに満杯状態だ。県と六ヶ所村は、核燃サイクルの実施が困難になった場合にはこの使用済み核燃料を施設外に搬出する、との覚書を日本原燃および2016年に設立された使用済燃料再処理機構(実質的に国)と取り交わしている。施設外というが、要するに元の場所(原発)に戻すということだ。各原発にはすでに使用済み核燃料が溜まり続けていて、そこに運び出した使用済み核燃料が戻ってくると、原発を動かしたくても動かせなくなってしまう。このため、東京電力と日本原子力発電は、青森県むつ市に再処理前の使用済み燃料を長期保存する中間貯蔵施設をつくった。関西電力は使用済み核燃料の中間貯蔵施設を2030年ごろに稼働させる計画を発表しているが、場所は決まっていない。

 もう一つ問題がある。もんじゅを廃炉にし核燃サイクルも放棄するとなれば、これまで溜め込んだプルトニウムも宙に浮いてしまうことだ。ウラン燃料にプルトニウムを混ぜたMOX燃料を英仏に再処理を委託して製造しており、既存原発で使うプルサーマルでしのぐつもりだったが、原発の再稼働が遅れに遅れているし、プルサーマルとなればさらに強い反対が巻き起こるだろう。使うあてもないのに大量のプルトニウムを持ち続ければ、当然核拡散防止条約に引っかかってしまう。日本は、その気になれば核兵器に転用できるプルトニウムを持ち続けることで、「潜在的核抑止力」を維持したいと考えているが、核燃サイクルを放棄すればその根拠を失う。次期大統領のトランプ氏が、日本の核武装を容認する発言をしているが、国際的にはとても認められまい。

辻褄合わせの先送りでは問題はさらに深刻化

 国が2006年に策定した「原子力立国計画」では、高速増殖炉の実証炉を2025年に導入としている。福島事故を経て状況が大きく変化しているにもかかわらずこの計画はまだ生きており、いまから実験炉をやり直していたらそれに間に合わない。かくして、もんじゅは失敗ではなく使命を終えたので廃炉にし、その次のフェイズ=実証炉に進む、という結論が導き出される。とにかく既存計画とすりあわせなければ全ての政策の歯車が狂ってしまうのである。しかし、方向も道筋も間違っているので、また早晩矛盾や行き詰まりに突き当たる。だがそのときにはこれまでの担当者の多くは退職しているか少なくとも担当を外れている。そのときの担当者がまた弥縫策を考え、御用学者を使ってお墨付きを与えればいい。こうして無責任な先送りが続く。そのツケを払わされる国民は好い面の皮だ。しかし、それほど遠くない将来、カタストロフに至ることは間違いない。この国の官僚機構の最大の問題点といってもいいと思うのは、この無謬論=無責任先送り体制である。核燃サイクル政策は誤りだった、と認めるところからしか、やり直しはできない。

 ここへ来て廃炉に関して技術的な問題も解決していないことがわかった。ANNの報道によると、冷却材のナトリウムを取り除くめどが全く立っていないのだという。廃炉にどれだけの費用がかかるのかも不透明だが、そもそも廃炉が可能なのかもわからないのだ。それでもまだ、新高速炉の計画を進めるというなら、国民を巻き込んだ玉砕政策という他はない。


[PR]

by greenerworld | 2016-12-09 17:32 | 環境エネルギー政策