人気ブログランキング |

管理者へのメール / 管理者のプロフィール


2006年 07月 26日 ( 1 )

 

ガソリン代替燃料──本命はバイオブタノールか?

 以下はアルコール類の化学式。有機化学のおさらいである。

 メタノール CH3-OH
 エタノール CH3-CH2-OH
 ブタノール CH3-CH2-CH2-CH2-OH

 エタノールとブタノールの間に炭素を3つ持つプロパノールがあるが、ここで話題にするのはブタノール、バイオマスからつくるバイオブタノールである。

 メタノールは通常、合成ガスから触媒を介してつくる。合成ガスは石油、石炭、天然ガス、バイオマスなどを熱分解して得られる水素と一酸化炭素の混成ガスで、さまざまな化学工業の一次原料になる。

 エタノールは化学的に合成することもできるが、酵母という優秀な働き手がいるので、これを使った発酵によって糖から得る方法が一般に用いられている。

 炭素を4つ持つブタノールは、化学合成と発酵のどちらの方法によっても得ることができる。後者は、「アセトン・ブタノール発酵」として知られている。クリストリジウム属のバクテリアによる嫌気性発酵によって、糖からブタノールとアセトン、若干のエタノールが得られるのだ。これを精製してブタノールを取り出す。

続きを読む

by greenerworld | 2006-07-26 00:04 | エネルギー