人気ブログランキング |

管理者へのメール / 管理者のプロフィール


遙かなる日本語

 もう四半世紀も昔のことになる。台湾南部の都市・高雄のバスターミナルで、東港という町へ向かう乗り場をさがしていた。そこへ「どちらへいらっしゃるの」と声を掛けてきたのは日傘を差した上品なご婦人で、それが完璧な日本語だったのだ。戸惑いつつ行き先を告げると「それなら、これから(東港の家に)戻るところだから一緒に行きましょう」ということになった。車中で尋ねると戦前に高知県の女学校を卒業したという。

 東港の町に着きご自宅に招かれた。ご主人も日本の大学を出ており「もうすぐ中等野球が始まるので楽しみ」だとこちらも完璧な日本語で語った。居間のテレビは日本の衛星放送を映していた。

 台湾は、日清戦争で日本領となり太平洋戦争終結まで日本が統治した。日本語教育が徹底し年配の方はきれいな日本語を話すと聞いてはいたが、異国にいるはずなのに不自由なく日本語で会話をしていると、違和感というのではないが、何だかすわりの悪いような感じがした。翌日、市内の案内にホテルに迎えに来てくれたのは、日本留学から戻ったばかりの夫妻の甥御さんで、日本語は少したどたどしかったが、むしろその方がしっくりときた。

 台湾での経験からさらに五年ほど遡る。ダイビングの旅でミクロネシア連邦の首都があるポナペ島を訪れた。ホテルの近くを散歩していたら、通りかかった家から一人の青年が出てきて英語で「父が話したがっている」と家に招いた。少しいぶかりながら、薄暗い家の中に入ると、初老の男性が日本語で語りかけてきた。

 「内地からいらっしゃいましたか。天皇陛下はお元気ですか」

 現在のミクロネシア連邦も、戦前は内南洋と呼んで日本が統治していた。第一次世界大戦の際に敗戦国ドイツから奪い取ったのである。その後、小さなプロペラ飛行機でコシュラエ島へ渡り、海辺の村を訪れたときも出迎えた老人に「内地からですか。天皇陛下はお元気ですか」とまったく同じことを聞かれた。

 台湾では日本の統治期間が長かったことに加え、先住民、近世以降に移住してきた福建人や広東人それぞれが異なる言葉を話していたため(先住民は部族ごとに言葉が異なる)、共通語として日本語が使われたという。それで戦後、国民党支配下になってもしばらく日本語が残った。ミクロネシアでは統治期間も短かったし、終戦後はアメリカの信託統治領となって今度は英語での教育が進んだため、もともと日本語教育を受けた世代は少ない。それも日本の敗戦をもって突然使われなくなった。彼らの中での日本語は昭和20年の夏で凍結してしまった。だからいま日本語を話すと、彼らが日本語を使っていた戦前・戦中の日本が解凍されて出てくるのである。

 戦後70年経つ現在では、日本語世代もほとんど残ってはいない。ただ現地の言葉に今でも日本語由来の単語が混じる。ポナペ語で「タマ」というと電球のこと、トランクスやショートパンツは「サルマタ」で通じる。死語となった日本語が南の島で生きているのだ。


# by greenerworld | 2015-11-09 11:15 | 森羅万象  

ハリガネムシの不思議

ハリガネムシの不思議_f0030644_08083558.jpg 昨年(2014年)近所の自然観察仲間のTさんから、近くの丘陵に続く道をハラビロカマキリが十何頭も下りて来るのを見たと聞いて、その去年と同じ日にその場所に行ってみた。途中ですでに住宅街の路上にぺしゃんこになったハラビロカマキリの死体が、ところどころにあるではないか。丘陵に近づくと果たして、向こうから何メートル置きか、ハラビロカマキリが道を歩いている。全部で10頭以上、みな低い方(この場合は南の方)へ向かって歩いている。たしかに山を下りて来るように見える。

 そう、ハリガネムシである。普段は樹上で暮らしているハラビロカマキリが、なぜ路上をよたよたと歩いているのか。それは体内に宿した寄生虫のハリガネムシに、操られて(?)いるからだ。カマキリの体内で成虫になったハリガネムシは、その後水中で交尾して産卵する。そして来年の春、卵から孵った微少な幼虫が水生昆虫の体内に侵入し、その水生昆虫が羽化してカマキリに食べられると、その体内で成熟するという、ライフサイクルを持っている。どのようなメカニズムかはよくわからないが、ハリガネムシはそのライフサイクルを完結させるために、宿主であるカマキリを水辺に導くのだ。

ハリガネムシの不思議_f0030644_08084971.jpg 平地ではカマキリが多いが、上流部ではカマドウマやキリギリスなどに寄生するハリガネムシがいる。寄生されたカマドウマは渓流に飛び込んで、魚の餌になる。その際に魚の口や鰓からハリガネムシは脱出する。

 さて、ハラビロカマキリ、もう1頭のほうからはハリガネムシが出てこなかったので逃がそうと思って手に取ったら、いきなり出てきた。それも2匹である。この日は3匹のハリガネムシが手に入った。サンプルとして研究者に送ったら、2匹はメスだったそうである。
 
 今年は秋の訪れが早かったので、それまでにも何度か確認しに行っていたのだが、見あたらなかった。それが去年とまったく同じ日にカマキリが山を下りて来たのはただの偶然なのか、来年も確認してみなければならない。ハリガネムシ、まだまだ不思議が多い。

# by greenerworld | 2015-10-25 17:08 | 生物多様性  

新刊:『「水素社会」はなぜ問題か』のご案内

新刊:『「水素社会」はなぜ問題か』のご案内_f0030644_20271034.jpg<目次>
1章 夢の燃料
2章 トヨタ対テスラ
3章 やっかいな元素
4章 原子力水素
おわりに――ポストクルマ社会の議論を

 ここ数年、「エネルギー危機の救世主」の如く喧伝されている水素エネルギーですが、本ブログでもかねてよりその課題や問題性を指摘してきました。水素は地球上では何かと結びついてしか存在しません。そこから水素を取り出し、圧縮または液化し、運搬し、さらに充填し、電気に変える、それらのプロセスのたびに外部からエネルギーを投入しなければならず、歩留まりが悪くなります。このように水素をエネルギーとして使うということはたいへん非効率で非合理的なもので、むしろエネルギーの浪費につながりかねません。水素は次世代エネルギーにも、エネルギー危機の解決にもならないと考えています。

 さらに将来的には、高温ガス炉という新型原子炉を使った「原子力水素」が構想されていますが、これもものになるのかどうかまったくわからない代物で、いわれる通り「安全性が高い」技術だったとしても、使用済み核燃料の問題は解決しません。

 このように、水素や水素社会には、問題が大きいにも関わらず、メディアは行政や企業の発表資料をなぞった報道ばかりで、きちんとした検証にもとづく冷静な報道がほとんど見あたりません。かつての原子力発電=核の平和利用に対するメディアの報道姿勢を思い起こさずにいられません。そんなことから、問題提起のつもりでこの本を書きました。

 書籍の案内はこちら
 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/27/0/2709310.html
(MORE INFO をクリックすると詳しい内容がごらんになれます)

 水素社会、水素エネルギーの問題点について考えていただくきっかけになればと思います。

# by greenerworld | 2015-08-03 20:28 | エネルギー  

ポツダム宣言と「国体護持」

 今日7月26日は、70年前にポツダム宣言が発っせられた日。米大統領トルーマン、イギリス首相チャーチル、中国国民政府主席蒋介石の連名によるものでした。つまり、ポツダム宣言受諾は、アメリカ、イギリス、中国に対する降伏を意味していたわけです。

 実はトルーマンはその前日に日本に対する原爆使用を決定していた。もし日本がすぐにポツダム宣言を受け入れていたら、原爆投下はなかったのかもしれませんが、おそらく日本がすぐに受け入れることはないだろうとも思っていたでしょうね。

 26日にマリアナ諸島のテニアン島に着いたウラン原爆「リトルボーイ」は、ここで組み立てを完了し、8月5日にエノラ・ゲイに積み込まれて、翌6日に広島に投下され、多くの市民がその犠牲になり、生き残った人たちも原爆症で苦しむことになります。

 日本への原爆投下に先立ち、7月16日にアメリカでは原爆実験(トリニティ実験)が実施されましたが、これは長崎型のプルトニウム爆弾で、ウラン爆弾は事前の実験が行われておらず、広島投下は核実験でもあった。その威力を確かめるために終戦後米軍がいち早く広島に入り調査を始めたのは当然のことでしょう。

 さて、長崎にも原爆が投下された8月9日になってようやく、最高戦争指導会議がポツダム宣言受け入れを議論するのですが、そこでも「国体護持(=天皇制維持)」「戦争犯罪人処罰」「武装解除」「保障占領」をめぐって、なかなか結論が出ませんでした。当時の日本の指導層はなんとか自分たちの責任や処罰を回避しようと醜く右往左往していたのです。

 結局昭和天皇が「国体護持」の一点さえ守れれば受け入れやむなしとして、「聖断」を下すのですが、それは「敵が伊勢湾付近に上陸すれば、伊勢熱田両神宮(八咫鏡は伊勢神宮に、草薙剣は熱田神宮にあるとされる)は敵の制圧下に入り、神器の移動の余裕はなく、その確保の見込が立たない、これでは国体護持は難しい」という理由で、つまり国体護持とは、三種の神器の継承のことであったわけです。

# by greenerworld | 2015-07-26 11:53 | 森羅万象  

トウキョウダルマガエルの調査

 私の住む東京・あきる野市でこんな調査をやっています。

http://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000005945.html
トウキョウダルマガエルの調査_f0030644_10452247.jpg

 トウキョウダルマガエルは関東から東北南部、長野県と新潟県に生息するダルマガエルの亜種で、トノサマガエルの生息域とはほとんど重なっていません。以前は古い時代にトノサマガエルと交雑した子孫だと言われていましたが(ダルマガエルよりスマートで模様もトノサマガエルに似ている)、最近ではダルマガエルから地理的隔離によって独自に進化したと考えられています。ダルマガエルは新しい進出者であるトノサマガエルによって生息域が狭められましたが、トウキョウダルマガエルは、高い山々のお陰でトノサマガエルの影響(侵略)を免れたともいえます。

 以前、自然保護仲間と話していて、実は都内ではトウキョウサンショウウオよりもトウキョウダルマガエルの方が危機的なんじゃないかという結論に至りました。思いつく生息地が、あきる野市内でも数カ所しかありません(丘陵や山地にはいません。平地の田んぼのカエルなのです)。多摩川水系ではほとんど見られなくなっているはずで、家の近くのかろうじて残っている水田でも、水が張られるころに声はするけどかなり少ない。成体は多摩川支流の平井川ですごしていて、産卵時期だけやってくる感じになっています。ここも水田耕作をやめてしまえばいなくなってしまうでしょう。

 ただ河川敷に湾処(ワンド)のあるところでは生息の可能性がありますので、多摩川下流方面の方もぜひ探してみて下さい。夜にけっこう大きな声で鳴きます。鳴き声はこちらにあります。
http://www.hitohaku.jp/material/l-material/frog/zukan/mp3/Ka105.mp3

# by greenerworld | 2015-04-20 10:47 | 生物多様性